ストリーム カスタマイズ工房

ホンダ ストリームのカスタマイズパーツを専門に扱ってます!ぜひご覧ください
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 人気blogランキングへ
 

車が快適&楽しくなる
業界初ダイヤル型クルーズコントローラー&スロットルコントローラーです。

回す開度に応じダイレクトに加減速する操作はダイヤル形状が可能にしました。
オートクルーズ・スピードコントロール・スロットルコントロール・アクセルモード等
多彩な機能を、直感的に操作出来る「ダイヤル」1つに凝縮しました。
手元で自由に車を操れる、今までにない楽しさをi-CruiseDialが提供します。
スポンサーサイト

 人気blogランキングへ
 

・SUS POWERコアタイプで実績の高いステンレスを純正交換タイプに採用。
・素材の一部にステンレスを採用することにより高い耐久性/強度を実現。
・ステンレスを補強した特殊2層構造により低い圧損を実現し、吸入効率を更にアップ。
・BLITZ独自の繊維フィルターが高い集塵効果を実現。
・フィルター部に鮮やかなブルーを採用し、ファッション性UP。
・特殊ペーパータイプでは純正ビスカス式に比べ大幅に吸入抵抗を減らし鋭いアクセルレスポンスを実現。

 人気blogランキングへ
 

よりスポーティに。 中低速のトルクだけでなく、高回転域にも目を向けたGT box。
より安心なJASMA認定版のGT box第2弾、GT box 06&Sが誕生。
Wagon&One Box専用モデルGTboxのコンセプトを引き継ぎ、中低速でのトルクとクイックなレスポンスを実現しつつ、音はJASMA基準を満たす。
高回転でのレスポンスを若干強調し、軽量化にもこだわった。スタイル面においてもよりスリムな砲弾型・斜め跳ね上げで柿本改独自のチタンフェイステールで迫力満点 。

砲弾型のレース仕様マフラーではどうしても中低速のトルクが落ち込んでしまい、ストリート走行ではストレスを感じてしまう。
高回転も無視できないスポーティ仕様とはいえ、やはり中低速でのトルクとアクセルを踏み込んだ時のクイックなレスポンスが重要なポイントとなってくる。
「中低速でのトルクを確保し、hyper GT box Rev.よりも高回転でのレスポンスを強調」
これが、GTbox 06&Sの開発テーマとなっている。

 人気blogランキングへ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。